ヘアカラーの印象と選び方の基本

小野田 宇部 美容室
Yshair WEST
ワイズヘアーウエストの岡村です

季節の変わり目になると、気分を変えたくなったりしませんか?
そんな時、気軽にできるイメージチェンジといえば

ヘアカラー

2020年の春の新色トレンドヘアカラーも気になるところですが

そもそも何色を選んだらいいのか分からない!!
ということもあるんじゃないでしょうか?

そこで、今回は

1 ヘアカラー色別の印象
2 似合う色の選び方
3 春の新色ヘアカラー

についてブログにまとめてみました。

====================================

ヘアカラー色別の印象

色は何種類もありますが、大きく分けると2種類

暖色寒色に分けることができます。
よく聞くやつですね!!

ピンクオレンジなどを暖色と呼び
視覚から暖かい印象を与える色です

青紫などを寒色と呼び
視覚から冷たい印象を与える色です

もうこれだけでも、寒い冬には暖色が良さそうで
暑い夏には寒色が良さそう!!

そんな気持ちになりますよね!!

しかし、カラーの世界は奥が深く
人間の感性も色からもっと多くのことを感じるようです

これが、各色を見たときに人が感じる印象です

確かに、スーパーサ◯ヤ人は元気ですし、綾◯レイはクールです
キティちゃ◯はキュートでしょう

色から感じるイメージがキャラクター性を強調するということですね

さらに、ここに同じ写真で髪の色を極端に変えたものを用意しました

左上はピンクでキュートに
右上はアッシュでクールに
左下はイエローで元気に
右下はマットで優しい雰囲気に見えてきませんか?

ここまでをまとめると

春夏は気温も高く、爽やかで涼しい印象を求めるので寒色系カラー
秋冬は逆に暖かいイメージの暖色系カラー
これが季節感をカラーで表現する感じですね

さらに、カッコ良いスタイルが好きな方はアッシュ系
可愛いスタイルが好きな方はピンク系などなど
これがなりたい印象をカラーで表現する感じです

なので、我々美容師がヘアカラーを選ぶ時は

そのお客様の普段の服装やメイク、今回したいスタイルイメージ
やその時の季節からカラーをオススメしています
悩んだ時は、ぜひご相談ください。

=================================

似合う髪色と明るさの選び方

 

なりたいイメージでカラーを選ぶことは、お話しましたが

可愛いのが好きだけど、似合うのはカッコいいスタイル

このように、好きと似合うは別問題だったりしますよね

ここで簡単に、似合う色を判断する時の基準のお話です

 

髪の明るさ

これは、瞳の色で判断できたりするんです
瞳の色は、その人が持っているメラニン色素の量により
決まります。

一般的に肌の色が薄い人は、瞳の色も薄くなりやすく
明るいカラーが似合いやすく

瞳の色が濃い方は、暗めのカラーの方が
肌馴染みがよく似合いやすいと言われています

 

肌の色とヘアカラーの関係

肌の色は大きく分けて
ブルーベース(黄味の少ない青白い肌や頬に赤みが強く出るタイプ)
イエローベース(黄味を感じるいろで頬はオレンジ系)
の方がいらっしゃいます

これは肌表面の色ではなく、皮下の血液中のヘモグロビンと
細胞内のメラニン色素の見える量で変わるそうです。

このベースカラーがわかるとマッチする色味がわかります

ブルーベースの方は
アッシュピンク赤みの少ないブラウンバイオレットなどが

イエローベースの方は
マットオレンジベージュイエローなどがマッチしやすいです

カラーを選ぶ時は、参考になるかもしれませんね

 

2020春の新色ヘアカラー

今年も春の新色カラーが続々入荷しております

ミルボンからシースルーラインとして

シースルーアクア
シースルーアクアミント
がデビュー!!こちらのカラーは近日動画にてレビューをお届けします

少々お待ちください!!

===============================

YshairWEST  HP→   ys-hair.jp/west/

ご予約こちらから→ https://reservia.jp/reserve/login/1926

Yshair WEST  Instagram フォローお願いします!!

https://instagram.com/ys_west?igshid=w2etpi94bzp9

岡村俊邦 Instagram

https://instagram.com/toshi_okmura?igshid=xcnay6np6p8t